2018年 7月 22日 (日)

三井住友FGも4000億円規模で資金調達

印刷

   三井住友フィナンシャルグループは2008年11月19日、優先出資証券を発行すると発表した。国内の機関投資家に引き受けてもらうことで、約4000億円を調達するとみられる。

   メガバンクでは、すでに三菱UFJフィナンシャル・グループが約1兆円、みずほフィナンシャルグループも約3000億円を調達する方針を固めている。資本を増強することで、株価急落などで生じた損失に伴う自己資本の目減りに対応するほか、貸し出し余力を高める狙いがある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中