2021年 1月 19日 (火)

高知県で起きている奇怪な爆破事件と暴力団の影

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「遼クン」こと石川遼選手(17)が出場するカシオワールドオープンの会場に「地雷を埋めた」という電話が地元の高知新聞社にあった。その前にも、ゴルフ場のクラブハウスで手りゅう弾によると思われる連続爆破事件が発生している。ゴルフ場と事件を結びつける点と線は何なのか。

ゴルフ場クラブハウスの玄関ガラスが粉々に

   2008年11月27日~30日に開かれる男子ゴルフツアー「カシオワールドオープン」の中止を要求する男からの電話が、高知新聞社に寄せられたのは08年11月25日の午前9時頃のことだった。

「会場に地雷を埋めた」
「危ないので、今すぐ開催をやめさすよう言ってほしい。けが人が出ますよ」

   高知新聞社によれば、電話は代表番号にかけられ、社会部の記者が対応した。記者がいつ地雷を埋めたのか聞くと、「先ほどです。今日です」と答えたという。電話は1分程度で、ですます調。動機などは一切語られなかったという。同社の松岡和也編集局次長はJ-CASTニュースに対し、「(男は)淡々と話していた」と打ち明ける。電話してきた男の年齢は30~50才台くらいと思われるということだ。高知新聞社は「カシオワールドオープン」の後援企業に名を連ねている。

   一方、11月18日に試合会場のゴルフ場「Kochi黒潮カントリークラブ」クラブハウスの玄関ガラスが手りゅう弾と思われる爆発物で破壊された。11月22日午後11時35分頃には、爆発音とともに食品卸業・旭食品の本社で玄関ガラスが破壊される事件があった。両事件とも手りゅう弾が使用されたと思われるが、県警は事件の関連性について慎重に捜査を進めているという。

   旭食品はJ-CASTニュースに対し、「心当たりは全くない」としており、過去にもトラブルはなかったとしている。この爆破事件でも犯行声明はなかった。同社は、「黒潮カントリークラブ」を運営する黒潮観光開発の筆頭株主。旭食品の竹内克之会長は黒潮観光開発の役員を兼務している。ただ、旭食品の広報担当者は「保有株は6%程度。黒潮カントリークラブの経営母体でもないし、子会社といった関係でもない」と話しており、経営的に密接な関係がないにも関わらず、こうした事件が相次いで生じたことに首をかしげているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中