2019年 5月 26日 (日)

超円高でも外貨預金伸びない理由 FXに資金流れる?

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

手数料も安く、FXの方が使いやすい

   しかし、その考えは結果的に「損」だ。

   外貨預金のデメリットは、自分の好きなタイミングで売買できないことにある。たとえば、1年もの外貨定期預金の場合、1ドル100円で預け入れて6か月後に120円になったとしても、そのときに売ることはできない。含み益として継続されるが、満期を迎えた1年後に1ドル90円だったら、為替差損が生じる。FXは一般に外貨預金よりリスクが高いと思われているが、レバレッジ(テコ)を効かせなければ、外貨預金とリスクはあまり変わらないのだ。

   もう一つ、よく比較されるのが手数料だ。FXに比べると、銀行の外貨預金の手数料は高い。たとえば、1ドル1円の手数料がかかるとすると、1ドル100円のときに100万円を預け入れると円をドル(1万ドル)に換えるのに1万円の手数料がいる。さらにドルを円に換えるときに1万円必要だから、2万円以上の儲けがないと損してしまう。

   ドル円相場が乱高下するからといって、短期で預け入れを繰り返せば、その分銀行への手数料がかさむことになる。一方、長期運用では儲けのタイミングを逃すことにもなりかねない。

   金利での比較でも、FXのスワップ金利(各国通貨ごとに違う金利の調整分)と銀行の表示する金利はほとんど変わらないはずだが、一般に外貨定期預金のほうが悪い。さらに、外貨定期預金は預金保険機構の対象外で保護されない。

   そんなこともあって、1倍であれば外貨預金と同じなので、最近はちょっと外貨預金の経験がある人は手数料が安い分、FXを選ぶ傾向にある。「外貨定期預金からFXに流れてくる個人も少なくない」(FX会社のNTTスマートトレード)。外貨預金のポイントは、預け入れ期間にありというわけらしい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中