2019年 6月 26日 (水)

不法侵入容疑でサンタ逮捕! 都心で「クリスマス」号外出る

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   クリスマスの浮かれたムードを皮肉る「クリスマス中止運動」がネット上で広がりを見せるなか、都心部で「クリスマス中止」を報じる「号外」が配布された。この様子を収録した動画が「ニコニコ動画」などにアップロードされ、注目を集めている。

手錠姿のサンタクロースの写真が大きく掲載

「クリスマス中止号外」の動画には大量のコメントが寄せられている
「クリスマス中止号外」の動画には大量のコメントが寄せられている

   J-CASTニュースが2008年12月21日に「替え歌『初音ミク』人気 『クリスマス中止運動』盛り上がる」という記事で報じたように、中止を知らせる「替え歌動画」がアップロードされ人気を集めているほか、12月23日には、渋谷でデモ活動も計画されている。

   そんな中、すでに中止を報じる「新聞号外」らしきものが東京都心で配られ、その様子を収録した動画が、ちょっとした話題になっているのだ。

   号外の配布が行われたのは12月19日。サンタクロースの格好をした若い男性とトナカイのかぶり物を着た女性など2~4人が、新宿南口、秋葉原、表参道ヒルズの前で号外を配布した。

   号外は「今北新聞」なる新聞の体裁をとっており、「クリスマス中止決定」という大見出しとともに、手錠姿のサンタクロースの写真が大きく掲載されている。サンタクロースが「プレゼントを届ける際に、住居に不法侵入した」といった容疑で逮捕され、その結果、クリスマスの実施が不可能になった、というものだ。

   検索エンジンを開発している「未来検索ブラジル」(東京都渋谷区)が運営する情報サイト「ガジェット通信」では、この様子を特集。

「サンタクロース逮捕の号外をサンタクロースが配っていることから、自虐的な行為をしているように思えます」

などと報じ、その様子を収録した動画も「ニコニコ動画」に掲載している。動画は、すでに2万5000回以上再生されている。

   動画では、サンタクロースが

「クリスマス中止になりましたー」

などと力の抜けた声で号外を配布。通行人は半ば苦笑しながら号外を受け取っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中