2018年 9月 24日 (月)

枝川二郎のマネーの虎
2009年は「不動産」と「原油」に注目したい

印刷

   明けましておめでとうございます。「マネーの虎」は2009年も、皆さまに立つ、さまざまな情報を提供していきます。どうぞ宜しくお願いいたします。

   2008年は9月のいわゆる「リーマン・ショック」以降、株式、社債、原油などのように、取引所で売買される商品の値段はおしなべて下がった。不動産も大きく下がった。さらにはほとんどの外貨の価値が円に比べて下落した。

   そのため、今はだれもが価格変動リスクにおびえており、現金あるいは国債に資金が殺到している。これを逆から見ると、今こそ株式や商品投資についての絶好の買い場というようにも映る。というのは、これらの価格の下落が主に通常の価格変動によるのではなく、商品の流動性が極端に落ち込んだ、つまり買い手がいなくなったためだと考えられるからだ。

   バブルがいつかははじけるのと同様に、このような極端な価格の下げもまた、いつか是正されるはずではないか。そうであれば、これらの価格は将来的にまた上昇をはじめるだろう――そういう推測ができるところだ。

狙い目は価格が下がっても家賃収入は減らない物件

   その意味では、どの商品も上昇の可能性を秘めていると言えよう。その中で、わたしとしては2009年に、特に期待される商品は「不動産」と「原油」だと考えている。

   不動産価格はこのところ2、3年前には想像もできないような急激な下落をみている。銀行が資金を出さなくなったことが止めを刺した格好だが、買えるだけの資金を持つ人がいなくなれば、売買価格が大きく下がるのも当然だ。

   しかし、不動産の本来の価値はその収益力にある。今は優良物件であってもその売買価格はどんどん下がっているが、立地その他の条件が良ければ、その価値の源泉たる賃料収入はそう急激にさがるものではない。そこで売買価格は下がったが賃料は減らないという物件が狙い目だろう。

   今は東京の優良物件でも利回りが年10%を越えるようなものが多く市場に出回るようになった。これは滅多にないほどの魅力的な投資対象だといえるのではないか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中