2018年 7月 22日 (日)

関東学院大 内定取消し学生に卒業延期と学費免除措置

印刷

   関東学院大学は、2009年2月4日、景気の悪化を受けて企業から採用内定の取消しを受けた学生を対象に、卒業の延期を認める緊急措置を講じることを決定した。

   対象となるのは、09年3月に卒業・修了予定者のうち、企業側の都合で内定取消しを受けた学生。卒業を半年後の9月、もしくは1年後まで延期することが認められる。学費は免除されるとのことで、1年間卒業を延期した学部生の場合、免除額は93万円~125万円になる。希望者は2月25日までに申請書を大学に提出する。

   同大学によると、現時点で大学に内定取消しにあったと申告しているのは16名。ほとんどがマンション販売などの不動産業に内定していたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中