朝日襲撃「実名告白者」手記に続々「疑問の声」

印刷

   週刊新潮は2009年2月19日号に、記者2人が死傷した「朝日新聞阪神支局襲撃事件」(1987年)の「実行犯」を名乗る男性の「実名告白手記」第3回を掲載した。しかしここまでの内容に、朝日新聞社や各週刊誌から疑問の声が挙がっている。

犯行声明に付着した「繊維片」と数珠の関係

   週刊新潮09年2月5日号から島村征憲氏(65)が、1987年5月3日に起きた朝日新聞阪神支局の襲撃を「犯行告白」した。手記の中で島村氏は、犯行にいたる経緯を「私はあくまで『実行犯』」、犯行の「依頼主」は「在日アメリカ大使館元職員の佐山(仮名)」とし、犯行当日については、記者に散弾銃2発を発射した様子を詳細に表現していた。

   第3回の手記では、犯行声明を「大物右翼の野村秋介氏」に「作成依頼」したとする様子が書かれている。マスコミに送られた犯行声明文には「繊維片」が付着していたとされるが、これと、島村氏が当時つけていた「数珠」の「房」の繊維とが「一致する可能性がある」としている。

   島村氏の「犯行告白」に対して朝日新聞社は、第1回手記の掲載当日(09年1月29日)の夕刊で「本事件の客観的事実と明らかに異なる点が多数ある」とし、第2回手記の掲載当日(09年2月5日)の朝刊にも再び「『事実と相違』本社事前回答」とする記事で、「週刊新潮の連載が終了した時点で内容を検証し、本紙で明らかにします」と掲載した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中