2021年 1月 22日 (金)

ホリエモンが取材依頼メール公開 「週刊文春」の質問「低レベル」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ホリエモンこと元ライブドア社長の堀江貴文さんが自身のブログで、「週刊文春」から受けた質問付きの取材依頼メールを公開し、「依頼の内容が低レベルすぎる」などと批判した。「元ライブドア取締役の宮内亮治氏の人形をゴルフ場で打つのか?」などで、掲載される記事と自分の回答を比較してほしいとし、質問にブログ内で回答している。

ラウンド前に宮内受刑者の「人形」をゴルフ場で打つ??

   「週刊文春」からの取材依頼メールをホリエモンが公開したのは、「六本木で働いていた元社長のアメブロ」の2009年2月16日付け。タイトルは「ちょっと週刊文春の売上げに貢献してやるか」。質問の内容が低レベルすぎるので答える気にならないものの、「事実無根の取材内容があたかも、真実のように誌面に書かれていることもある」「ブログで回答を公開すれば発売される同誌の記事と比較できるから面白い」と回答する理由を説明している。

   ホリエモンが最も「笑った」質問は、「宮内人形」のことだったそうだ。ゴルフをする際に、宮内・元ライブドア取締役をモデルにした人形をゴルフ場に持参し、

「ラウンド前にゴルフクラブで打つことで、周りを盛り上げることがあると聞いております。こうした行動に込められた思いを教えてください」

というものだ。ホリエモンは、

「事実無根です。そんな面倒くさいことするわけないでしょう」

と回答している。

   その他の質問は以下のようなものだ。

「二名ほどボディガードを付けているとお聞きしておりますが、その理由を教えてください」

   回答は、

「ボディガードなんかつけていません。マネージャーが同行するだけです」
「毎月堀江様が使えるお金は、およそ1000万円にのぼると聞いております。その内訳を教えてください」

に対しては、

「内訳は教えられません。教える必要もないでしょう」

と回答している。そして最後に、

「文藝春秋社の書籍やら雑誌やらっていいのが多いのに、なぜか週刊文春だけ下品なのはどうしてなんだろう?」

と締めくくっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中