星島被告に無期懲役の判決 江東区マンション殺害事件

印刷

   東京都江東区のマンションで会社員の女性が殺害された事件で、殺人や死体損壊などの罪に問われていた星島貴徳被告(34)の判決公判が2009年2月18日、東京地裁であった。検察側は死刑を求刑していたのに対し、平出喜一裁判長は、殺害に計画性がなかったことなどから死刑を回避、無期懲役の判決を言い渡した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中