2021年 8月 2日 (月)

料金9万5000円から50万円 「レーシック手術」事情

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

作家の岩上安身さん「すごく今見えていますよ」

   もちろん、レーシック手術については、ネット上などでは、有名人も含めて成功体験談がたくさん出ている。

   フジテレビ系で2009年2月26日放送の「とくダネ!」では、ノンフィクション作家の岩上安身さんが、08年末に手術を受けたことを明かし、「すごく今見えていますよ」とそのメリットを強調した。

   岩上さんは、手術の前に、病院について調べ、友人らから体験談を聞いた。そして、かかった病院では、事前に検査を複数回受け、眼科医によく説明してもらい、感染症の薬も点眼したという。

   ただ、これだけ手間と時間をかける手術だったため、費用は50万円弱もかかったというのだ。これは、日本では、最も高額レベルのレーシック手術になる。「(銀座眼科のような)即日手術は、考えられません。術前術後にどれだけ丁寧かが、いい医者を選ぶポイントになってきます」。

   もっとも、費用をかければいいわけでもないようだ。

   東京・新宿のクリニックで、レーシック手術を受けた会社員女性(36)は、こう語る。

「病院では、21万円もする一番高いコースを勧められました。でも、雑誌を読んだり、体験した友人に聞いたりなどして、値段ほど差がないということが分かりました。使う機械が違って最新型だと言われても、本当のところは分かりません。私は、両眼で14万円のコースを選びましたが、それで十分でした」

   確かに、手術は、流れ作業、ジェットコースターみたいだとも感じた。しかし、大手はみなそうであることが調べて分かり、手術から1年ほど経ったが、今は両眼ともに1.5をキープしている。「なんでもっと早くやらなかったんだろうと思いました」。

   この女性は、複数の友人に聞いたり、実際にクリニックに行ったりしたのがよかったという。結局、自分の目と足で安全性を確かめるしかなさそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中