2018年 7月 19日 (木)

べッカム「妻のビクトリアも満足」 中国のED治療薬CMに出演??

印刷

   デビッド・べッカム、キアヌ・リーブス、ショーン・コネリーといった世界の大物中の大物が中国のテレビCMに出演し、「バイアグラ」のようなED(勃起不全)治療薬を宣伝している。ネット上にアップされた問題のCMを見ると、ベッカムの場合、「妻のビクトリアも満足しています」などと中国語で語っている。しかしこのCM、彼らの承諾は得ずに作られたものらしい。

「妻のバーバラに25歳の男性のようだとほめられた」

   問題のテレビCMは、「生力康」(英字表現はUSA Selikon)という薬を中国で輸入販売している会社が製作したもの。アメリカからの輸入品で「性機能が高まる」「泌尿器機能を助ける」などの効果を謳っている。CMに登場しているのはベッカム、キアヌ・リーブス、ショーン・コネリー。彼らの発言は中国語に吹き替えられていて、ベッカムは「この薬を飲むと力強く走ることができとても助かっていて、自分の秘密兵器のようなものだ」と話している。妻のビクトリアさんと車内でツーショットになり、

「妻のビクトリアも満足しています」

とニッコリする場面も登場する。

   キアヌ・リーブスは、この薬の効果は高いとし、

「この喜びは私のガールフレンドも感じた」

と明かしている。

   ショーン・コネリーも、

「私は現在70歳だが、これを飲んだ後、妻のバーバラに25歳の男性のようだとほめられた」

とし、この薬の素晴らしさを友達に伝えたいし、みんなに飲んで欲しい、と絶賛している。

売上げNO.1「ベッカムコンドーム」も無断使用

   ただし、それぞれの本人のナマ声は一切入っておらず、全て中国語の吹き替え。映像も、このCMのために撮影されたと考えにくく、何かのインタビューの断片のようにも見える。

   アメリカのニュースサイト「examiner.com」は2009年2月24日付けの記事で、「ベッカムがバイアグラタイプのCMに勝手に使用され怒っている」と報じた。広告主がベッカム、コネリー、およびリーブスのイメージ映像にナレーターの声を勝手に付けたと説明し、こうした違法行為は著作権法で裁かれるだろうと書いている。ベッカムといえば、中国で発売されているコンドームのイメージキャラクターになっている。いわゆる「ベッカムコンドーム」だが、これも許可を得ない違法商品なのだそうだ。現在、このコンドームの売れ行きは中国でナンバーワンだという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中