株式の空売り規制を延長へ 金融庁

印刷

   金融庁は、当初2009年3月末までの時限措置としていた株式の空売り規制を延長する。空売り規制は、リーマン・ショックで株価が急落したことを受けて08年10月末から実施しているが、株式市場の混乱がいまだに続いており規制の継続が必要となっている。金融庁は「まだ正式には決まっていない」としながらも、どの程度延長するかなど具体的な内容を詰めている。

   空売りは、自分が持っていない株式を証券会社から借りて売る手法。具体的には、借り入れる株式の手当がつかないまま売却する「ネーキッド・ショート・セリング」と呼ばれる手法について、株価下落が加速する恐れがあるため、規制を延長する。また、発行済み株式総数の0.25%以上を空売りした場合の報告義務も継続する方向だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中