2023年 2月 8日 (水)

高級ブランド店ガラガラ 中古販売も売り上げ激減

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   不況で、海外の高級ブランドもめっきり売れなくなった。老舗ブランドは、「円高還元」を理由に値下げに走るが、都内直営店は土日でもガラガラ。そのあおりで、中古ブランド品を扱う大手チェーン店も売上高が大幅に前年を下回り、「売れるものといえば、財布など単価の安いものばかり」と嘆いている。

大手中古品販売店の売上高2月33.3%減

   ブランド品の買い取り、販売チェーンのコメ兵が09年3月期月次売上高を3月9日に発表した。08年4~8月は前年比100.6%~114.4%と好調だったが、9月に3.7%減とマイナスを記録すると一気に落ちていく。10月は18%減、11月にやや回復するが15.9%減、12月は23.1%減、09年はさらに減り、1月27.5%減、2月33.3%減。

   経営企画部の担当者は、

「売れるものといえば、財布など単価の安いものばかりです。新品(新古)も扱っていますが、安い中古のほうが売れています」

と話す。

   苦肉の策として、3月12日からバッグなどを10%値下げしている。

   買い取りにも変化が見られるようだ。

「直営店でブランドを買う人が減っているようで、新作が入ってきません」

   海外で買い付け、ディスカウント価格で販売している「ブランド王ロイヤル」(東京都新宿区)。

   運営しているロイヤルシステムの広報担当者は、こう語る。

「一時期と比べたらお客さんが減っています。円高差益分を還元し、2~4割ほど安くして売っているので、売上げへの影響はさほど出ていませんが・・・」

   もっとも、「今後はわからない」としている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中