神奈川県立高校の情報流出、地裁が発信者情報の開示命令

印刷

   神奈川県立高校に2006年度に在籍した生徒11万人の情報がネット上に流出した問題で、流出した情報をファイル交換ソフトで拡散させていた人物の住所・氏名について、東京地裁がプロバイダー(ISP)に対して開示命令をしていたことが明らかになった。仮処分を申し立てていた日本IBM(東京都港区)が09年3月13日発表した。流出事故は、同社が神奈川県から口座振替システムの開発を請け負った際、下請け業者のPCがウイルスに感染して発生した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中