「ユンケル」、WBC・イチロー効果で高まる関心

印刷

   WBCの活躍で国民的英雄となったイチロー選手(35)がCM契約を結ぶ、佐藤製薬の滋養強壮飲料「ユンケル」への関心が高まっている、と2009年3月27日、報知新聞が報じた。WBC優勝後の会見で同じ日本代表だった川崎宗則選手(27)が「収穫はイチローさんがユンケルを試合開始1時間前に飲むことが分かったことです」と話したのがきっかけだという。

   佐藤製薬J-CASTニュースの取材に対し、「各方面から数多くの問い合わせをいただいています」と答え、消費者からは「イチロー選手はどのユンケルを飲んでいるのか」、「1時間前に飲むと本当に効果的なのか」との質問が多いそうだ。これについては、

「疲れたときや体調の悪いときなど、様々な飲み方があると思います。イチロー選手はこだわりのある方なので、そういった飲み方をされているのではないでしょうか」

と言う。今後については、

「4月からイチロー選手を起用した新しいユンケルのCM「ミラー編」が放映されるので、これを機にさらに広がるといいですね」

と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中