2020年 9月 22日 (火)

外国人投資家戻って株価上昇 「大底を打った」のか

ホットでもアイスでも美味しい。季節にあわせて楽しめる、大正製薬の乳酸菌が入ったごぼう茶。

   東京株式市場の日経平均株価が急回復している。2009年3月10日にはバブル経済崩壊後の最安値に迫ろうかという勢いで7000円割れ寸前まで下落したが、その後急伸した。外国人投資家が戻ってきたことが好調の要因にあげられ、市場関係者の間では「潮目が変わり、底を打った」との見方も広がってきた。株価はこのまま上昇気流に乗るのだろうか。

約半月で1500円超の急上昇

   2009年3月27日の日経平均株価の終値は、8626円97銭。一時は8843円18銭まで上昇したが前日比9円36銭の小反落で引けた。景気の底入れ期待から、3月26日の米ニューヨーク株式市場が大幅続伸したことで、東京株式市場でも前場は幅広い銘柄で「買い」が入ったが、その後は銀行株などの利益確定売りが目立った。

   とはいえ、ここ半月の株価の上昇はもの凄い。3月10日に7054円だった株価が、1500円を超えて急騰したのだ。

   第一生命経済研究所の島峰義清・主席エコノミストはその主な原因を、「政府の株価対策が功を奏している」とみている。銀行等保有株式買い取りや上場投資信託(ETF)の買い取り案などの株価維持対策、財政再建論者とされた与謝野馨財務相の「方針転換」などによって、「3月中に株価を押し上げるという意図が、かなり明確に市場に伝わってきた」と話している。

   これに加えて、米株価が戻り基調に転じたこと。国際金融アナリストの枝川二郎氏は、「米政府が不良債権の最大1兆ドルの買い取りなどの金融危機対応の具体策を発表したことが大きい」と見る。オバマ大統領が自動車産業への追加支援に前向きなこともある。こうした米国の底入れ機運や、さらには中国などのアジア経済の回復期待の高まりが投資家の冷え込んでいた投資マインドを温めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中