総務省、「ブログ自作」のテレ朝に厳重注意

印刷

   テレビ朝日のバラエティー番組で、スタッフが自作したブログをネット上の一般のブログだとしていた問題で、総務相は2009年3月31日、放送内容が放送法に抵触するとして、同局に厳重注意し、再発防止を求めた。問題となった番組は、09年1月10日放送の「情報整理バラエティー ウソバスター!」。放送直後に問題が発覚し、テレビ朝日側は、「ブログは実在していたが、撮影許可が得られなかったため自作した」などと説明していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中