「らくらくホン」酷似訴訟 ソフトバンクとドコモが和解

印刷

   NTTドコモと富士通が、高齢者向け携帯電話「らくらくホン」の酷似製品をソフトバンクモバイルと東芝が売り出したとして、不正競争防止法により製造・販売差し止めの仮処分を求めていた訴訟は、東京地裁で2009年4月15日に和解が成立したことが分かった。

   この訴訟では、08年3月にソフトバンクなどが発売した「かんたん携帯821T」がダイヤルボタンなどで「らくらくホン」シリーズに似ているかどうかが争われていた。和解交渉では、ソフトバンクなどが近く発売する後継機種で、ボタンを違わせることなどで合意したとみられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中