2019年 1月 21日 (月)

「豚丼」はどこへ行く すき家は休止したが…

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   アメリカのBSE騒動で調達しにくくなった牛肉の代用で始まった「豚丼」。そのメニューが、牛丼チェーンの一つ「すき家」から、姿を消すことになった。代用とはいえ、ある程度定着したことから、惜しむ声も聞かれる。豚丼はどうなるのか。

「主力の牛丼とカレーを値下げするため」

すき家の豚丼が休止に
すき家の豚丼が休止に

   一口に「豚丼」と言っても、牛丼チェーンによって呼び方が異なる。吉野家では「ぶたどん」と呼び、今回販売を休止するすき家では「とんどん」と言っている。松屋では、「豚(ぶた)めし」だ。

   そもそも牛丼屋の豚丼は、BSE問題で2003年末にアメリカ産牛肉が輸入できなくなったのがきっかけ。安い同国産牛を使う牛丼チェーンがほとんどだったため、国産では採算が採れないなどと騒ぎになり、苦肉の策として「代用丼」が生み出された。その性格から、各社で豚丼の呼び方が分かれているらしい。

   その後、アメリカ産の輸入が再開され、牛丼が復活したが、多くのチェーンで、豚丼の販売が並行して続けられている。しかし、ここに来て、すき家が、2009年4月23日から豚丼の販売を休止することを明らかにした。

   どうして販売休止に踏み切ったのか。

   すき家を展開するゼンショーの広報室に聞くと、「休止が目的でも主でもありません」と困惑した様子。そして、「今回の発表は、主力の牛丼とカレーを並盛で330円に値下げするのがメインです。豚丼の販売休止は、それに付随するものなんですよ」と強調した。

   同社によると、販売休止は、それによって仕入れや店舗作業を効率化して値下げ原資に充て、牛丼などをより求めやすい価格で提供するためだという。値下げそのものは、店舗数が吉野家を抜いて日本一になったのを契機に、市場シェアを広げるのが狙いらしい。

   ただ、ネット上では、お馴染みになった豚丼が食べられなくなることを惜しむ声も多い。ミクシィの日記では、「え!すき家の豚丼がなくなるのはショック!!」「牛肉あんまり好きじゃないのに^p^」といった書き込みが相次いでいる。一方、ゼンショーには、「おいしかったので、ぜひ復活を」といったメールなどが10件ほど来ているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中