2019年 2月 21日 (木)

芸能界「ドン」激怒説まで出る 北野誠謹慎処分の「ドロドロ」

印刷
ファンケル マイルドクレンジングオイル初回500円モニター購入

   タレントの北野誠さんが無期限謹慎処分を受けている問題で、その原因をめぐって、様々な憶測がさらに広がっている。複数の週刊誌が、「北野さんの一連の発言が、芸能界の『ドン』の逆鱗に触れたのが原因」などと報じるものの、当事者は「記事は事実無根」と主張。有名人ブログでも様々な言及がなされるなど、事態は混迷を深めている。

「週刊誌記事は事実無根」と周防社長激怒説を否定

   関西ローカルの人気ラジオ番組「誠のサイキック青年団」(朝日放送、ABC)が2009年3月8日に突然打ち切りになり、3月13日には、北野さんの所属事務所の松竹芸能が、北野さんの無期限謹慎処分と同社役員・社員に対する懲戒処分を発表した。

   さらに、北野さんをめぐって、芸能事務所でつくる業界団体「日本音楽事業者協会」(音事協)がABCと松竹芸能に抗議文を送付。抗議された両社は、音事協を退会していたことも明らかになった。

   事態は大きくなっていく一方だが、北野さんの、どのような発言が処分の対象になったのかを当事者が明らかにしないため、様々な憶測が広がり続けている。

   そんな中、首都圏では09年4月16日に発売された「週刊新潮」「週刊文春」(いずれも09月4月23日号)の2誌が、その原因について言及した。両誌では、北野さんが、芸能界で大きな影響力を持つとされる、バーニングプロダクションの周防郁雄社長や、同プロダクション関係者を揶揄したと指摘。北野さんの一連の発言が周防社長の逆鱗に触れた、などと報じている。

   周防社長をめぐっては、過去に

「大手書店も手に入れた芸能界のドン」(99年10月15日、週刊朝日)
「"バーニング帝国"の素顔」(00年、「サンデー毎日」連載)

といった記事が週刊誌に掲載されるなど、芸能界に対する影響力の大きさが指摘されてきた。また、01年5月には、オフィスに銃弾が撃ち込まれるというトラブルも起こっている。このことから、同事務所をめぐっては、さまざまな憶測がささやかれてきたのも事実だ。

   もっとも、バーニングプロダクションの担当者は

「(周防社長が「激高した」というのは)違いますよ。(文春・新潮の)記事は事実無根。当方から(松竹芸能・ABCに)抗議をした事実もありません」

と、両誌が唱える「周防社長激怒説」を否定。謹慎の原因については明らかにならないままだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中