実質成長率、マイナス3.3%に下方修正へ

印刷

   政府は、2009年度の実質国内総生産(GDP)の成長見通しをマイナス3.3%に下方修正する見通しであることが明らかになった。各紙が09年4月23日に報じた。08年12月時点では「ゼロ成長」を見込んでいたが、08年秋以降の世界的な景気後退を受け、98年度(マイナス1.5%)を下回る大幅下方修正をすることになった模様だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中