東京・外環道など4区間を「整備計画路線」に格上げ

印刷

   国交相の諮問機関である国土開発幹線自動車道建設会議は2009年4月27日、東京都内で会合を開き、未着工の高速道4区間(71キロ)について、「基本計画路線」から「整備計画路線」に格上げすることを決めた。事実上の「着工ゴーサイン」となる。格上げされたのは、東京外郭環状道路(外環道)の練馬-世田谷間16キロなど。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中