2022年 5月 27日 (金)

新型インフル心配される最悪事態 4000万人死者スペイン風邪との共通点

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   メキシコ発の新型インフルエンザは、警戒レベル「フェーズ5」にまで引き上げられ、連日の報道を見る限り深刻さを増している。こうした状況に対して、1918年に大流行し、2000~4000万人の死者を出したともいわれる「スペイン風邪」との共通点も指摘されている。

「スペイン風邪」20代~30代の青年層に死亡者が多かった

   豚インフルエンザが新聞各紙で報じられはじめたのは、2009年4月24日。世界保健機関(WHO)が豚インフルエンザにより、メキシコ国内で60人が死亡した可能性があると発表した。メキシコでは人への感染が疑われるケースが3月以降、数百件発生したという。その後も報告は続き、4月26日以降にはカナダ、イギリス、スペイン、オーストリア、イスラエルなど10か国(4月30日現在)で感染の疑いが確認された。

   そうした中、WHOは4月29日に「大流行直前の兆候」となる「フェーズ5」と認定し、危機感が強まっている。

   この新型インフルエンザは、1918年~19年に全世界的に広がり、2000~4000万人の死者を出したともいわれるインフルエンザ「スペイン風邪」に似ている、との指摘がある。「スペイン風邪」とは1918年3月にアメリカで出現し、ヨーロッパでは5~6月、日本でも11月に流行した。特徴は、死亡率が高い幼児や高齢者よりも、20代~30代の青年層に死亡者が多かったことだ。

   こうした状況が、今回のメキシコのケースと重なる部分がある。たとえば、メキシコ国内ではすでに159人が死亡したと発表されているが、死亡者の平均年齢は39歳。かつ、流行した時期が3月以降であり、インフルエンザとしては季節外れであることも似ているというのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中