2019年 12月 8日 (日)

楽天、三木谷社長が暴露した薬剤業界の大口献金 「医薬品ネット販売規制」と関係はあるのか?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   インターネット通販大手の楽天・三木谷浩史社長が2009年5月3日、テレビ朝日系の報道番組「サンデープロジェクト」に出演し、日本薬剤師連盟から政界に巨額の献金があったと暴露した。テーマは09年6月より施行される「医薬品のネット販売規制」で、三木谷社長はこの規制に強く反対したが、その背後に金の動きがあると言いたかったようだ。

三木谷社長「不自然だと考えざるをえない」

楽天「医薬品通販継続活動チーム」のブログ
楽天「医薬品通販継続活動チーム」のブログ

   三木谷社長は金額などをボードで説明したが、政治家の個人名は出さなかった。「中には(05年から07年の)3年間で3億円以上もらっている人もいる」と言及はしたが、大口の献金を受け取った政治家の名前も出さずじまい。

   06年6月に成立した改正薬事法では、医師の処方せんなく購入できる一般用医薬品がリスクに応じて第1類医薬品から第3類医薬品まで分類されている。今回のネット販売規制は、この改正薬事法に伴い09年2月に公布された省令改正で、リスクの低いビタミン剤など「第3類医薬品」を除いた一般用医薬品の、ネットや電話などの通信販売を規制するというもの。09年6月から施行される。安全性の確保が目的とされるが、通販大手のヤフーや楽天などが反対の署名活動を行うなど反発していた。

   三木谷社長は、ネットでの医薬品販売では事故が1件も起きていないことに触れ、「(規制は)不自然だと考えざるをえない」と主張。また、「利益のためでは?」という司会の田原総一朗氏の質問に対しては、医薬品販売に係る利益は全体の約0.5%ほどだとし「本当に困る人がいる」ために活動していると話した。

   三木谷社長が示した政治献金は、05年から07年にかけての日本薬剤師連盟関連のもので合計が14.3億円。「なぜ1業界団体がここまで献金して、こういう仕組みをキープしなければならないのか、私には分からない」「利権の構造のように感じている」と話した。

   ところで、放送翌日の09年5月4日、同社の「医薬品通販継続活動チーム」が運営するブログで、番組内で言及された「14.3億円が永田町の誰に渡っているのか?」として、その内訳が公表された。自民党議員の上位には藤井基之前参院議員(3億2490万円)、常田たかよし前参院議員(8600万円)、松本純衆院議員(5650万円)、民主党議員の上位にも三井わきお衆院議員(441万円)など、薬剤師出身者が並んでいる。中にはネット販売を「第3類医薬品だけに」と主張している「医薬品のネット販売に関する議員連盟」の会長・尾辻秀久参院議員(500万円)や事務局長・渡嘉敷奈緒美衆院議員(2890万円)の名前もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中