2018年 7月 19日 (木)

河村市長給与受け取り拒否 金庫に保管「170万円」

印刷

   名古屋市の河村たかし市長(60)が「市民税10%減税」などの公約を実現に移そうとして波紋を広げる中、今度は「年収は800万円しか受け取らない」という公約を実現に移そうとしている。実際に、「初給与」170万円を受け取らなかったのだが、市役所は「条例で支払うことになっているので、支払わないことはできない」と困惑気味だ。

「『支払わない』ということはできません」

   河村市長は2009年5月18日の記者会見で、「年収800万円以外は、約束通り受け取らない」と改めて表明。「市長が市民のことを決められるのは、市民と同じ生活をしているからだ」などと持論を展開した。

   市長の給与は市の条例で決められており、現在の年収は約2578万円。この日は4、5月分の給与計170万円が支給される予定だったが、会見で河村市長は、これを受け取らなかったことを明らかにした。

   ただ、給与の支払いを担当している総務局給与課によると、

「条例の中で支払うことが定められているので、条例が改正されない限り、市としては支払っているはず。『支払わない』ということはできません。今回の給与170万円が、実際に本人の手に渡っているかまでは分かりませんが…」
と、「あくまで、市としては支払っている」との立場だ。気になるのが170万円の行方だ

が、市長室の秘書課が現状を明かした。

6月議会に、年収を800万円に引き下げる条例案を提出予定

「市長に(170万円を)受け取っていただけていないので、現在はこちら(市長室)で預かっている、という形です。具体的には、現金で金庫に保管されています」

   河村市長は09年6月議会に、市長の年収を800万円に引き下げる条例案を提出する予定だが、これが可決されるまでは、毎月のように金庫に1万円札が貯まり続けることになる。金庫に貯まった現金については、今後、市の財布に戻すなどの方向性があるとみられるが、秘書課では

「現金をどうするかについては、全く未定です」

と、対応に苦慮している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中