2022年 5月 23日 (月)

メガネ5000円戦争激化 値下げ、薄いレンズで競う

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   一昔前は3万~5万円もしたメガネだが、最近では5000円から買える店も多い。実質的に値下げしたり、薄いレンズを導入したり、サービスに力を入れるなど、あの手この手で競っている。

「5000円でも品質のよい商品を提供していきたい」

   メガネブランドのZoffは2001年、他社に先駆けて、低価格メガネの販売をはじめた。価格はレンズ代込みで5250円、7350円、9450円の3価格を用意した。それまでメガネは高額で、レンズとフレームは別々に売られているのが一般的だった。

   3つの価格はデザインや素材の違いなどによって異なる。5250円のものは比較的シンプルで単色、プラスチック素材が多い。一方、9450円のものはデザインが複雑で、フレームにはチタン素材のものもある。おしゃれなデザインが多いZoffのメガネは常時1200種類以上が用意され、若年層を中心に人気だ。

   ただ、セットレンズを別のレンズに変える場合には、追加料金がかかる。「薄型非球面レンズ」が5250円、「超薄型非球面レンズ」では7350円から9450円。「非球面レンズ」とはレンズカーブが浅いレンズで、度が強い人、あるいは遠近両用メガネにしたい人が選んでいる。

   もっとも、Zoffの標準レンズは他店よりも薄く、見やすいのが特徴だと同社はいう。また、3プライスの比率は5:2:3としており、とくに5250円商品には力を入れている。最近では、やや複雑なデザインのフレームでも5250円で売ることもあるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中