2018年 7月 19日 (木)

強姦を「公然わいせつ」と説明 京都教育大学長の不思議感覚

印刷

   京都教育大生による集団準強姦事件で、大学側が会見で「公然わいせつ」と考えていると明かして物議を醸している。司法関係者も、加害者が複数いる状況の認識が誤っていると首をひねる。警察に届けなかったことにも疑問が出ているが、大学側は、その理由などを「教育的配慮」と繰り返している。

記者との激しい応酬、学長会見がなんと4時間

学長のお詫びコメント
学長のお詫びコメント

   今回の事件では、京都教育大の学長会見がなんと4時間ほどにも及んだ。それも、記者との激しい応酬に多くの時間が費やされたのだ。

   京都府警が2009年6月1日に発表した後の記者会見。記者から「具体的に示して下さい」「納得しませんよ」と突っ込まれると、寺田光世学長は、

「教育的配慮です。これ以上、申し上げられません」

   報道によると、寺田学長は、「教育的配慮」という言葉を会見で20回ほども使ったという。

   この事件では、同大の21~25歳までの男子学生6人が、2月25日夜に酒にかなり酔っていた同大の女子学生(当時19歳)を居酒屋の空き室に連れ込んで性的暴行を加えたとして、集団準強姦の疑いで逮捕された。1人が容疑を認め、3人が合意だったとし、2人が見ていただけと主張している。約90人で卒業生を送る会を開いた後だったといい、ほかに男子学生3人が見ていたと報じられている。

   大学では、3月3日に事件を知りながら、これまで警察への通報や学生処分の公表をしていなかった。寺田学長は会見では、いずれも教育的配慮を強調。捜査上の影響や自殺の懸念などを理由に、当初は処分内容も明かさなかった。

   さらに、今回の事件について、現在も「公然わいせつ」と考えているとまで言ったのだ。学生に事情聴取したというが、なぜそう認定したのかは明らかにしていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中