イオン「中国に100店」は2年先送り 「意欲に変わりない」

印刷

   イオンは、中国に出店しているスーパーを現在の28店から2010年度までに100店に増やすとしていたが、この計画を2年先送りにすることが09年6月4日にわかった。10年度までの出店数は50店前後になる見込み。イオン広報担当者は、

「中国の景気減速が理由ですが、相対的に見れば中国は成長市場ですから、出店への意欲に変わりはありません」

と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中