2019年 8月 23日 (金)

吉野家「250円ラーメン」 なぜ失敗したのか

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   1杯250円という安いラーメンを販売していた牛丼チェーンの吉野家ホールディングスが、ラーメン事業から撤退する。讃岐うどんの「はなまるうどん」、寿司の「京樽」、宅配中華「上海エクスプレス」なども展開し、チェーン事業に長けている同社がラーメン事業に失敗したのはなぜか。

「値段も味も中途半端になった」

   吉野家ホールディングス(HD)は、完全子会社のアール・ワン(東京都新宿区)がラーメン事業から2009年8月末で撤退すると6月18日に発表した。

   商品、サービスの向上に取り組んだが抜本的な改革にはならず、原価の高騰、消費の低迷もあって撤退を決めた、と吉野家HDは説明している。

   09年2月期のラーメン事業の売上高は17億8000万円、当期赤字は14億2500万円。

   アール・ワンは07年9月に民事再生法の適用を申請していたラーメン一番本部(大阪市)からラーメン事業を譲り受けた。ラーメン一番本部の「びっくりラーメン一番」は、ラーメン一杯180円の激安店として知られていた。

   譲渡後、およそ200店あった店舗を58店に減らし、業態を「びっくりラーメン」のほか、「麺屋五条弁慶」「中華そば一番」などにわけた。また原材料の高騰を理由に、びっくりラーメンは180円から250円に、麺屋五条弁慶はラーメン1杯400円、と全体的に値上げした。

   しかし、この値上げがよくなかった。

   リニューアル直後に麺屋五条弁慶に行ってみたという男性は、「つけ麺 二玉」(580円)を注文した。

「出汁は薄いが味が恐ろしく濃いつけ汁。ハムみたいなチャーシュー。割とコシのある麺はそこそこ美味かった。半熟の味玉も悪くはない。しかし、580円出すなら別の店に行くよなあ」

と08年3月のブログ「ビア二郎」に書き込んでいる。

「まさにカップラーメンの麺、即席麺とでもいうのでしょうか? これには少しがっかりしました」

という人もいる。

   要は、「値段も味も中途半端になった」ということらしい。

   吉野家HDは主力の牛丼チェーンのほかに、讃岐うどんの「はなまるうどん」、寿司の「京樽」、宅配中華「上海エクスプレス」などのチェーンも展開している。チェーン事業に長けているにもかかわらず、ラーメンが失敗したのはなぜなのか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中