小中学生のケータイ所持禁止 石川県条例案に異論

印刷

   子どもには携帯電話を持たせないように保護者への努力義務を課す――。石川県議会に提出された条例案に異論が出ている。取り上げても、抜け道がいくらでもある、という指摘や、下校後の塾通いや防犯対策を考えると必要だ、という意見だ。実際、明確なルールを決めた上で携帯電話の持ち込みを認めている学校もある。

禁止していた郁文館中ではルールを定め、持ち込み可

   石川県議会では2009年6月17日、「いしかわ子ども総合条例」の改正案が提出された。改正案では、携帯電話がいじめや犯罪などの原因になりかねないとした上で、小中学生の保護者に対しては「防災、防犯や特別な目的がある場合を除き、携帯電話を持たせないよう努める」ことをうたっている。条例案は29日に可決される見通しだという。

   小中学生の携帯電話の所持をめぐってはこれまで、再三指摘され続けてきた。有害サイトへの誘導や家族間のコミュニケーション不足、依存症への危惧だ。一方で、防犯のために子どもには必ず、携帯電話を持たせるという声もある。

   学校法人郁文館夢学園が運営する郁文館中学校(東京都文京区)では、学校での携帯電話の所持に関して、明確なルールを決めたうえで承認している。

   同中学校の教頭によると、携帯電話の持ち込みを承認したのは2007年末。ルールとして、(1)フィルタリングには加入すること(2)校舎内では必ず電源をオフにすること(3)学校以外では保護者管理にすること、と取り決めている。保護者にはあらかじめ文書で知らせ、同意を取り付けた。

   もともとは携帯電話の持ち込みを禁止にしていたが、携帯電話がこれだけ普及していることや下校後の塾通いや防犯を考慮して、携帯電話が必要な状況にあると判断した。くわえて、以前は生徒が隠し持っていることはたびたび問題になり、それならば、と一律にルール化した経緯もあるという。以来、ルールの徹底を生徒には伝えており、目立ったトラブルにはなっていないという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中