2018年 7月 21日 (土)

セブン&アイ、中国にファミレス 3年後に30店まで拡大

印刷

   セブン&アイ・ホールディングス(HD)は、中国でファミリーレストランの展開に乗り出す。2009年7月21日に、北京市中心部のビジネス街に第1号店「オールデイズ 大望路店」をオープンする。

   ハンバーグやパスタなどの洋食メニューを中心に、「便利さ」「おいしさ」「楽しさ」を追求して、徹底した地域密着戦略で「日常利用される、地域になくてはならないレストラン」をめざす。セブン&アイ・HDが傘下にもつデニーズで実施している「コーヒーのお替りサービス」も提供する。メニューの単価はディナーで45~55元(約630~770円)を想定している。

   「オールデイズ」は、セブン&アイ・HD傘下のセブン&アイ・フードシステムが75%、提携先の中国企業が25%を出資する「セブン&アイ・レストラン北京」が運営する。

   セブン&アイHDによる中国でのレストランは初めてで、3年で30店まで広げる計画。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中