名古屋市の「市民税10%減税」 継続審議へ

印刷

   名古屋市の河村たかし市長が実現を目指している「市民税10%減税」の基本条例案は、2009年7月7日閉会の市議会では採決されず、継続審議になる見通しになった。条例案をめぐっては、減税分の財源について明確に示されていなかったことから、議会各会派からは疑問の声が相次いでいた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中