基調判断据え置き 8月の政府月例報告

印刷

   林芳正経済財政担当相は2009年8月11日、8月の月例経済報告を関係閣僚会議に提出した。「景気は厳しい状況にあるものの、このところ持ち直しの動きがみられる」とし、基調判断について前月と同じ表現とした。雇用情勢が一段と悪化し、先行きを慎重に見極める必要があると判断した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中