2018年 7月 19日 (木)

「スーパーロボット大戦K」 楽曲類似で謝罪

印刷

   バンダイナムコゲームスは2009年8月19日、ニンテンドーDS用ソフト「スーパーロボット大戦K」で他社のゲームBGMに似た楽曲を無断で使用していたとしてサイト上で謝罪した。ネット上では、発売後から盗用疑惑の指摘が相次いでいた。

   それによると、タイトーのスーパーファミコン用ソフト「エストポリス伝記2」内のBGM「地上を救うもの」と、スクウェア・エニックスのスーパーファミコン用ソフト「クロノトリガー」内のBGM「魔王決戦」にそれぞれ似た楽曲になっていた。

   両社に顛末書を差し入れて協議した結果、和解したとしている。そのうえで、「今後はこのようなことのないよう、開発作業で厳格な管理・監督に努めてまいります」と述べている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中