「スーパーロボット大戦K」 楽曲類似で謝罪

印刷

   バンダイナムコゲームスは2009年8月19日、ニンテンドーDS用ソフト「スーパーロボット大戦K」で他社のゲームBGMに似た楽曲を無断で使用していたとしてサイト上で謝罪した。ネット上では、発売後から盗用疑惑の指摘が相次いでいた。

   それによると、タイトーのスーパーファミコン用ソフト「エストポリス伝記2」内のBGM「地上を救うもの」と、スクウェア・エニックスのスーパーファミコン用ソフト「クロノトリガー」内のBGM「魔王決戦」にそれぞれ似た楽曲になっていた。

   両社に顛末書を差し入れて協議した結果、和解したとしている。そのうえで、「今後はこのようなことのないよう、開発作業で厳格な管理・監督に努めてまいります」と述べている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中