2019年 9月 17日 (火)

眞鍋かをりファザコンを告白 「父親が悲しむから結婚先延ばし」

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   ブログの女王として知られるタレントの眞鍋かをりさん(28)が、「結婚は父親が悲しむため、先延ばしにしている」とテレビで告白、涙を流した。彼氏がいても結婚に踏み切れない、という「重症」のファザーコンプレックスの女性も世の中にはいる。彼女もそうした一人かもしれない。

ケータイ画面は父の写真、着メロも父の弾き語り

   眞鍋さんは、父親が大好きらしい。2009年9月8日に放送された日本テレビ系「シアワセ結婚相談所」に出演、こう告白した。ケータイの待ち受け画面は父親の写真、着メロも父親の弾き語りの音楽。父親が上京した時は、交際中の彼氏がいても1週間も会わない。それだけでなく連絡も取らない。彼氏が心配し、眞鍋さんの部屋を訪ねると、

「何よ!今日パパが来ているんだから。邪魔しないで!!」

と追い払うという。

「結婚はできるだけ先延ばしにしたい」

   その理由は、父親を悲しませたくないから。高校生の時に、自宅に彼氏を連れて行ったところ父親がショックで部屋に閉じこもり、出てこなくなったことがトラウマになっている、と眞鍋さんは説明する。

   番組のコメンテイターで精神科医の名越康文さんは、

「これだけ父親と愛情を交歓できる人は、結婚相手の男性がなかなか見つからない」

とバッサリ。結婚・離婚コンサルタントの池内ひろ美さんも、

「父親が男性として理想的で、素敵だったら彼氏と比べてしまう。男性は父親と比べられたら辛い」

と、男性に同情的だ。眞鍋さんが結婚できないのは、父親にも責任の一端があるのではないか。で、池内さんはテレビでこうも呼び掛けた。

「眞鍋さんのお父さんがテレビを見ていたら、『君が結婚することは、僕も幸せなんだよ』と言って欲しい」

   眞鍋さんは池内さんのこの言葉に涙を流した。

「もうめっちゃ涙出てきました。(お父さんがこう言ってくれると)想像しただけで。父さんありがとう」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中