教え子に強姦46件も! 元小学校教諭に懲役30年の判決

印刷

   教え子の女児に対する46件もの強姦などの罪に問われた広島県三原市中之町の元小学校教諭森田直樹被告(43)の判決が2009年9月14日、広島地裁であり、奥田哲也裁判長は、求刑通り懲役30年を言い渡した。判決理由の中で、奥田裁判長は「比類なきほどに悪質」と述べて断罪した。

   森田被告は01年11月~06年7月、勤務先の小学校の校舎などで、性的暴行をしたり、服を脱がせてビデオカメラで撮影したりするなどしていた。判決では、強姦のほかに、強姦未遂11件、強制わいせつ25件、児童福祉法違反13件が認定された。「写真をばらまく」などと女児らを脅していたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中