2018年 7月 20日 (金)

任天堂、マジコン販売4社を提訴 4億円支払い求める

印刷

   ゲーム機に装着すると違法ソフトが使えるマジコン問題で、任天堂が2009年10月5日、ブルウィル(東京都台東区)など4社に対し、輸入販売の差し止めと計4億円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こしたことが分かった。

   携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」については、マジコンによる被害が多発しており、4社による損害総額は27億円に上るという。今回は、不正競争防止法に基づき、DS用ソフトを販売するカプコン、セガなどソフトメーカー54社と共同で提訴した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中