2022年 5月 24日 (火)

金価格が過去最高 日本の店頭でも「売り」やや増加

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金価格が過去最高を記録、これを受けたロンドン市場でも最高値を更新するなど、金相場が世界的に上昇している。日本でもリーマン・ショック後の2008年12月に、1グラム2313円に落ち込んだ小売価格が3000円前後にまで回復、さらに上昇しそうな気配にある。そうした中で、田中貴金属グループの直営店「GINZA TANAKA」には、金を売って儲けを確定しようという、「売り」のお客が増えている。

世界的な上昇「変動の大きい為替よりもいい」

   米ドルの下落を受けて、金への資金流入が続いている。金の国際価格の指標になっているニューヨーク金先物相場は、2009年10月7日のCOMEXで前日比4.70ドル高の1オンス(31.1グラム)1044.40ドルで取引を終えた。この日は一時1049.70ドルまで上昇し、前日に更新した最高値をあっさり塗り替えた。

   ニューヨーク市場を受けたロンドン市場は6日、1年6か月ぶりの高値になる1オンス1029.00ドルを記録。1100ドルをうかがう勢いにある。

   金への投資が増えている背景には、中国やインドなどの投資マネーの流入や宝飾品の需要の強まりがあるとされる。また、米ドルがユーロや円などに対して下落が著しいため、「緊急避難先として金に投資するケースは増えています。金は現物資産でありながら通貨の代替として、どの通貨にも交換できるという性格がありますから、変動が大きい為替相場に投資するよりもいいという判断もあるようです」(商品先物アナリスト)という。

   日米欧の景気の先行きが不透明なことも手伝って、資金運用の安定志向が強まっていることもある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中