2018年 7月 20日 (金)

デジタル一眼販売数、前年割れ 05年以来初

印刷

   デジタル一眼レフカメラの2009年9月度販売台数が、前年同月比で3.8%減少することがわかった。調査会社のBCNが全国主要家電量販店の実売データを集計し、09年10月8日に発表した。販売台数が前年を下回るのは、同社が比較可能なデータを保有する05年8月以来初めて。金額も前年同月比で3.4%減だった。

   販売台数が減少に転じた背景には、価格上昇があるとみられる。1年前の08年9月時点と比べ、デジタル一眼の平均単価は0.4%増とわずかながら上がっている。パソコンや薄型テレビなど他の電化製品が軒並み値を下げるなか、低価格化にブレーキがかかったことが販売台数の落ち込みにつながった可能性がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中