2019年 9月 23日 (月)

アニメ「化物語」売り切れ店続出 「けいおん!」超えで「完全限定版」増産

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   人気アニメ「化物語」のDVDとBlu-ray Disc(BD)第1巻の週間売上げが合計で4万4000枚となり、社会現象にも発展したアニメ「けいおん!」の週間売上げを上回った。もともとテレビ放映中は「面白い」と評判の高かったアニメなのだが、「けいおん!」に比べれば地味。発売元のアニプレックスも「予想を大きく上回る売れ行きだ」と驚き、「完全限定版」の増産を始めている。

「買えなかった多くの人に迷惑が掛かってしまった」

   「化物語」は原作が西尾維新氏のライトノベル作品。5つの物語で構成され、「吸血鬼もどきの人間」になってしまった高校生「阿良々木暦」が様々な少女と出会い、彼女達に関わってくる「怪異」(化け物)を払うといったストーリーだ。数話ごとに違う少女のストーリーが始まり、オープニングもその都度新しくなった。「語り」が多く、小説を読んでいるような感覚も味わえる。2009年7月からよりUHK系やBSJAPANなどで12話放送された。

   DVDとBlu-rayの発売は09年9月30日だが、売り切れ店が続出。「アマゾン」などのネットショップでは予約が一時打ち切られ、「予約したのになかなかDVDが届かない」といった苦情も出た。発売元のアニプレックスは、

「予想を大きく上回る売れ行きになり、買えなかった多くの人に迷惑が掛かってしまった。完全限定版として売り出したものについても増産をしています」

と驚いている。

   オリコンの調査によると09年10月12日付けのDVD&BDランキング(9月28日から10月4日まで)ではBDの「完全生産限定版」が2万9000枚売れてトップに。2位の「クローズZEROⅡ」の7000枚を大きく引き離した。ちなみに「化物語」はDVDとBDの合計が4万4000枚。社会現象にもなり09年最大のヒットと言われたアニメ「けいおん!」の週間売上げ4万1000枚を超えた。

   なぜこれだけ売れたのか。もちろん、作品の素晴らしさがありテレビ放送中も人気だったわけだが、SNS「ミクシィ」や、ネットショップ「アマゾン」のレビューを見ると理由の一端が伺える。定価は完全生産限定版のBDで7350円と他のアニメ作品とあまり変わらないのだが、それでも「安い」というのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中