「金沢カレー」の人気急上昇 ダントツ「壱番屋」を追う

印刷

   「カレーハウスCoCo壱番屋」は国内外に1200店舗以上を展開し、「カレーの王様」「カレーショップC&C」など数あるカレーチェーンの中でトップを走る。海外を強化する方針で、米西海岸や香港にも数十店規模で出店することも発表している。

   そんな中、石川・金沢発のカレーチェーン「ゴーゴーカレー」の人気が都内で急上昇している。金沢市内の自社工場で作っているルーが「クセになる味」らしく、30歳代の男性を中心にうけている。

壱番屋に比べるとどこのチェーンも規模は小さい

ゴーゴーカレーの金沢カレー。上には大きなカツが乗っている
ゴーゴーカレーの金沢カレー。上には大きなカツが乗っている

   壱番屋は「カレーハウスCoCo壱番屋」を国内1177店、海外30店展開している(2009年9月現在)。10月19日には米国西海岸と香港に新たに出店すると発表した。同社はハウス食品の持分法適用関連会社で、ハウス食品と共同で現地子会社を設立する。アジア系が多く住んでいる米国西海岸に5年間で20店、香港に4年間で10店舗の出店を目指す。

   国内のカレーチェーンは、エスビー食品の完全子会社、エスビー・カレーの王様が展開する「カレーの王様」が都内中心に11店舗、コーヒーチェーン「ドトールコーヒー」を展開するレストラン京王の「カレーショップC&C」が京王線沿線に21店舗出店している。三菱商事の社内ベンチャー企業、スマイルズが運営する「トーキョールー」は関東圏に7店舗ある。ほかにもチェーン展開しているカレー専門店があるが、いずれも壱番屋に比べたら規模が小さく、壱番屋が断然トップというのが現状だ。

   ところが、ここにきて首位の壱番屋を猛追し始めたチェーンがある。国内外30店舗を展開する金沢発の「ゴーゴーカレー」だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中