2018年 7月 20日 (金)

主婦層の携帯サイト利用 「増えた」は50.7%

印刷

   モバイルリサーチのネットエイジアは2009年10月26日、主婦層に携帯電話のインターネット利用状況を聞いたアンケート結果を発表した。

   1年前と比べて、携帯電話でインターネットを利用する時間が変わったか聞いたところ、「増えた」「やや増えた」はあわせて50.7%。一方、「減った」「やや減った」は8.5%だった。

   また、商品・企業のケータイサイトには971人がアクセスしたことがあると回答。その目的を聞いたところ、「製品・商品・サービスの情報を得るため」(73.9%)、「割引クーポンをもらうため」(61.4%)、「着メロや待ち受け画面をもらうため」(48.1%)、「製品・商品・サービスを予約・購入するため」(39.8%)だった。とりわけ20代では、「就職・転職の情報収集を行うため」が26.9%と答えた。

   なお、調査は09年9月9日~11日、20歳~49歳の既婚女性1142人を対象とした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中