2019年 8月 23日 (金)

茂木健一郎「多忙で申告漏れ」 なぜ税理士つけなかったのか

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   4億円もの所得申告漏れがあった脳科学者の茂木健一郎氏(47)が、自分で申告作業をしていたため忙しかったと弁明していることに疑問が出ている。これだけ巨額な額の作業なのに、なぜ税理士をつけなかったのかということだ。

「仕事がずっと忙しくて書類もたくさんあるので、なかなか自分で整理する時間がとれなくて。税理士にお願いしていなくて、自分で全部やっていたので遅れてしまったわけですよ」

   ヨーロッパから帰国した茂木健一郎氏は2009年11月10日、成田空港内で、TBSのインタビューに淡々とこう答えた。

「自分でできるだろう」と税理士つけず

茂木氏はブログでもお詫び
茂木氏はブログでもお詫び

   とはいえ、所得の申告漏れがあったのは、かなりの巨額だ。ベストセラー本の印税やテレビ出演料、講演料などで、2006~08年までに計約4億円分の確定申告をしていなかったというのだ。報道によると、無申告加算税を含む追徴税額は、約1億6000万円に上るという。

   茂木氏がこの間納税していたのは、ソニーコンピュータサイエンス研究所の上席研究員としての年間約1000万円の給与所得分だけだった。つまり源泉徴収されたものだけということだ。

   これだけ巨額の申告なら、税理士に頼むことが考えられる。税務署からは2~3年前に申告を求められていたというが、なぜ3年間も頼まなかったのか。ソニーの広報センターでは、取材に対し、こう説明する。

「茂木は、何十年も自分一人で確定申告してきました。ここ数年、忙しくなって、申告書類が膨大になったものの、自分でできるだろうと軽く考えて、税理士にお願いしなかったということです。そして、書類を徹夜で作ったりしていましたが、あまりに忙しく仕事に追われるようになり、申告できませんでした」

   茂木氏自身は、税理士を頼まなかった理由について、知り合いがおらず、頼むひまもなかったと読売新聞の取材に答えている。今後は、税理士をつけるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中