2023年 2月 5日 (日)

TBSディレクター現行犯逮捕 警察官の制止振り切り取材

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2007年に千葉県市川市で、英国人女性リンゼイ・アン・ホーカーさんの死体を遺棄した容疑で逮捕された市橋達也容疑者が09年11月12日、千葉県警行徳署から送検される際、署の周辺で整理に当たっていた警察官の職務を妨害したとして、TBS「みのもんたの朝ズバッ!」のディレクターが逮捕された。報道関係者が取材の際に公務執行妨害で逮捕されるのは極めて異例。

   報道によると、男は同日11時半頃、市橋容疑者送検の様子を取材しようと、行徳署の門の近くにいた。市橋容疑者を乗せたワゴン車が門を出たとき、県警が張っていた規制ロープを超え、警察官の制止を振り切って車を追いかけたという。すぐさま数人の警察官に囲まれるも、男は警察官の手をふりほどいて車に接近。数十メートル走り、追いかけてきた警察官に取り押さえられた。

行徳署は事前に撮影スペース用意していた

   行徳署の署員によれば、市橋容疑者が行徳署に入った11日から、詰めかけた報道陣や一般人のために、「守っていただければ」と思い、ロープを張って撮影できるスペースを用意、「署内から移送車が出る直近まで撮影できるようにしていた」。報道陣も地面にガムテープを貼って陣地取りをしていた。

   だが、行徳署が報道陣のために用意したのにも関わらず、市橋容疑者がワゴン車の乗って送検される際、男はロープを超えて車を追いかけた。更に、運転席側の窓ガラスを叩いて車を止めようとし、公務執行妨害で現行犯逮捕されたという。

   報道関係者が取材時に公務執行妨害で逮捕されるのは異例だ。行徳署の署員も

「そうですね。みなさん(ルールを)守ってますからね」

と話している。

姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中