2019年 7月 23日 (火)

民主マニフェスト「介護賃金4万円アップ」 介護従事者6割が「実現しない」

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   民主党は2009年衆院選のマニフェストに、介護労働者の月額賃金を4万円引き上げることを盛り込んだ。しかし、具体策は決まっていないうえ、6割が「実現しない」と思っている。事業所の多くが赤字で、その補填に使われてしまう、といった問題点が多いからだ。

   民主党は介護労働者の賃金を月額4万円引き上げるには、8000億円程度が必要だとしている。しかし厚生労働省老健局介護保険計画課の担当者は、「財源確保の具体策は決まっていない」といっている。

給与があまり上がらず、3~5年で辞めていく人が多い

   全国6万人の介護従事者が所属する労働組合、日本介護クラフトユニオン(NCCU)は2010年4月からスタートして欲しいと、民主党に近々要請する。  陶山浩三事務局長は、

「期待したいですが、いまのところ具体的な話がないので本当に実現するのだろうか、というのが現場の見方です」

と話す。

   福祉関係の人材派遣を行うニッソーネット(大阪市)が介護スタッフ650人に行ったアンケートでは、59.9%が民主党のマニフェストが「実現しない」と答えている。09年10 月20 日~11 月3 日に行い、147人の回答を得た。

   介護の月額賃金は正規職員で20万円程度だ。長く務めても給与があまり上がらないので、3~5年で辞めていく人が多い。介護を目指す若者も減っていて、現場の負担は大きくなるばかりだ。国は賃金アップの施策を進めているが、実際の効果はあまり出ていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中