2021年 9月 21日 (火)

キャバ嬢「なりたい職業」の裏側 高額「違法罰金」に「セクハラ」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   賃金未払いやセクハラなど不当な待遇の改善を求めて、キャバクラ嬢たちが労働組合を結成することになった。カリスマキャバ嬢がテレビに出演したり、「なりたい職業」の上位に登場したりするなど、華やかな面に注目が集まるキャバクラの世界だが、その裏で労働関係をめぐるトラブルも頻発している。

   全国でも例がないというキャバクラ嬢の労働組合「キャバクラユニオン」(仮称)。現在、結成準備中で、2010年1月に東京の個人加盟労組「フリーター全般労組」の分会として発足する予定だ。違法な労働実態を改善するため経営者と団体交渉を行うほか、電話相談などを通じてキャバクラで働く女性を支援していく。

当日欠勤の罰金は5万円

   メンバーの中心となっているのは、東京・練馬のキャバクラで働いていた20代の女性。セクハラなどの問題があって店を辞めようとしたが、経営者から「辞めるなら給料を払わないぞ」と脅された。結局、退職時に約100万円の未払い賃金を受け取ることができず、フリーター全般労組に相談することになった。

   賃金未払いとともに問題になることが多いのが、法外な金額の「罰金システム」だ。「10年前、私もキャバクラで働いていた」という作家の雨宮処凛さんは、ウェブサイト『マガジン9条』で当時の体験を綴っている。雨宮さんによると、当時勤めていた店の罰金は、「遅刻1時間5000円」「無断欠勤1万5000円」「当日欠勤(カゼひいて休むとか)1万円」というものだったという。

「キャバクラで働く女の子の多くは、こういった『罰金』が違法行為だということなど知らない。よって堂々と罰金が給料から引かれ、一緒に働いていた女の子(遅刻、無断欠勤の常習犯ではあった)なんかはなんと給料が『マイナス』になるという転倒まで起きていた」

   そう記す雨宮さんは09年8月末、あるキャバクラ嬢の労働争議に加勢することになったのだが、その女性の当日欠勤の罰金は5万円だったという。「この10年の間、誰もそのシステムを正面切って批判してこなかったからこそ(中略)、罰金の額は10年で5倍にまで跳ね上がっていたのだ」と雨宮さんも驚く法外な金額だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中