鳩山邦夫氏、実母からの資金提供に「贈与税支払う」

印刷

   自民党の鳩山邦夫・元総務相が、兄の鳩山由紀夫首相と同様に、実母から年に1億8000万円の資金提供を受けていたとされる問題で、邦夫氏は2009年12月8日に開いた自らのパーティーで、資金提供を認めた上で「きちんと贈与税を支払うのが責任の取り方」と贈与税を納める意向を示した。これを受け、由紀夫氏も翌12月9日、「そのような(贈与という)判断になれば、そのようになるだろう」と、資金提供が贈与と認定された際は、邦夫氏と同様に贈与税を納める考えを明らかにした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中