ファイル共有ソフト、ネット利用者の9.1%が利用 5年ぶり減少

印刷

   コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)、日本レコード協会(RIAJ)、日本国際映画著作権協会(JIMCA)は、「ファイル共有ソフト利用実態調査」の結果を2009年12月22日に発表した。ファイル共有ソフトの「現在利用者」はインターネット利用者の9.1%で(08年9月の調査では10.3%)、5年ぶりに減少した。違法配信からのダウンロードを違法とする著作権法改正の影響がある、と見られている。調査は09年9月24日~30日に行った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中