アルコールの安売りを広告規制 WHOが指針案

印刷

   アルコールの害について、世界保健機関(WHO)はこのほど、安売りを制限し、酒類メーカーの広告などを規制する指針案をまとめたことが、2010年1月18日分かった。朝日新聞によると、20日のWHO執行理事会で合意される見通しという。

   具体策は各国で決めるというが、WHOがたばこに次いでアルコールでも対策に乗り出した形だ。WHOによると、アルコールの害に関係して年間250万人が死亡しており、交通事故や暴力など他人や若者へも悪影響を与えているとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中