楽天、中国でネット通販へ 大手「百度」と合弁会社

印刷

   楽天は、中国インターネット検索最大手の百度(バイドゥ)と、インターネット・ショッピングモール事業に関する合弁会社を設立することで合意した、と2010年1月27日に発表した。百度の集客力を活かし、中国国内で最大規模のインターネット・ショッピングモールを目指す。出資総額は当初3年間で約43億円、出資比率は楽天 51%、百度49%の予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中